モノにカメラをかざすと名前が分かるアプリ『Aipoly Vision』を使ってみた♪

   

Aipoly Vision・Macbook

モノにカメラをかざすと名前が分かるiPhoneアプリ『Aipoly Vision』が話題になっていたので、早速、試してみました。

MacBookをかざしてみると、ちゃんと認識されてます。

名前がテキストで表示され、しかも、音声でも読み上げてくれます。そして、日本語にも対応。

開発のきっかけは、視覚をサポートするためのものだそうですが、視覚ではわかっているけれど名前をど忘れしたような時に役立ちそう。まあ、これから認識できる対象の数が増え、制度も増してくると、一気に普及すると思います。

以前に流行っていたセカイカメラを思い出してしまいましたが、こういうふうにスマホでかざして情報を得る時代がようやく本格的に来るなぁ、と感じました。街を歩いてる人も認識できるはずなんですよね。たとえば、Google PhotoにてすでにWEB上で認識できているので、それをアプリに適用するだけですし。

 - IT, MARKETING , , ,