登録ボタンの配置箇所について 〜「ヒューマンインターフェースの原則」に基いて考えてみる。

      2016/04/20

WEBサイトでの「登録ボタン」の配置位置

今朝、某サイトにて登録作業していて、
「インストゥール」したつもりなのに、
画面が元のページに戻ってまして・・・

もう一度、登録画面をよ〜く見てみると、、
私、「戻る」ボタンを押してしまってたんですね(汗。

画面を見てみると、
↑左側に「インストゥール」が。
これだと、ついつい「戻る」ボタンを押してしまう人が多いのでは?www

私は、配置位置を逆にすべきだと思いますね〜

ユーザーの人間的心理で言うと、
「OK」が右側、「NO」が左側、
という配置が自然な気がします。

この場合、左側が「戻る」ボタン・右側が「インストゥール」。

MacやiPhoneでは、「iOS ヒューマンインターフェースの原則」に基いて構成されていて、
「否定的な情報は左に配置する」ようになっているんですよね。

私が無意識的に「右側」を「肯定的なもの」と思って選んでしまったのも、
長年、Macを愛用してきたからかもしれませんw

「iOS ヒューマンインターフェースの原則」に関連して、
もう少し書いておくと、
たとえば、iPhoneでアプリを消す際、「x」印が出ますよね。
あの配置も、アプリのマークの「左上」に表示されるようになっています。

まあ、iOSのすべてが優れているわけではありませんが、
この「ヒューマンインターフェースの原則」に関しては、的を得ていると思います。

 - IT ,